上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベーコンの名前について。

「お肉の名前なんて変わってるね!」とよく言われるけど、いえいえ名前の由来は、ハム、ソーセージの仲間、ベーコンではありません。
ミタカが好きな、フランシス・ベーコンという画家から頂戴しました。
ベーコン一族は、官僚や哲学者、法律家、画家など、様々な人たちを排出した名門ですが、猫のベーコンもきっと温かく迎えてくれるでしょう。

ちなみに、里親さんの家では、しばらく「ゆーた」という名前をつけられていたそう。
ゆーたが、ベーコンに・・・。人生って不思議ね。


ベーコン兄弟 
                  そこは譲れない
スポンサーサイト
ネコヨン2
        こんな感じで、楽しくおかしく暮らしてます



べー1

ベーコン、6歳、男の子です。
1歳頃、前の飼い主さんに置いて行かれ里親さんに保護された後、小屋へやってきました。
引っ越しのゴタゴタに巻き込まれて迷子になったのか、本当に心ない人が置いていったのか、今となっては分かりませんが、会えてよかったです。

そのせいか、最初からしつけ要らず。人間のご飯を欲しがって無理矢理横取りしたり、机の上に乗ったりしないお利口さん。
と、言いたいところなのですが、オシッコの粗相が多く、バスマットや洗濯機の排水溝にシャーッとしてしまうので、我が家の洗面所には立ち入り禁止中。
別名、オシッコ垂れ太郎です。

性格はズル賢い。
体重は6.5キロ。
ご飯はカリカリのみですが、猫草とマグロには目が無く、よく冷蔵庫の前でマグロデモをしています(いつも冷蔵庫にあるわけじゃないのに・・・)
好きなものは、M字開脚とお尻叩き。
特徴は鼻が長いこと。初めて里親さんの家で、見たときは「なんて鼻が長い猫なんだ・・・」と、驚愕しました。

ちなみに、しっぽは15センチのかぎしっぽです。
うなぎの名前について。

勘の鋭い人なら、すぐにピンッとくるかもしれませんが、うなぎの名前は天才バカボンに登場するウナギイヌから頂きました。
似たような体の白黒配分に短い手足。
里親さんの家から、自宅につくまでの車の中でアッという間に決定。

「猫の名前なんて言うの?」と聞かれて答えるたびに「え?うなぎ?」と聞き返されますが、こんなにピッタリな名前はない、と思っています。
飼い主ってそーゆーもんです。


ちなみに、最初の頃は「うーちゃん」と呼んでいたのですが、肝心の「うなぎ」という呼び名に反応しなくなってしまったため、「うーちゃんと呼んだら罰金100円。うなぎと呼ぼう」運動を行い、その結果、今では立派に返事をするようになりました。
ヨシヨシ。

うなぎ犬
          決してパ、パクリではないのだ・・・
うなぎ、はじめまして
          虫を見ると、我を忘れるうなぎ・・・



うなぎ写真1

うなぎ、5歳、女の子です。
子猫の頃、風邪でヨタヨタしながら、水たまりの水を飲んでいるところを、里親さんに拾われ、小屋へやってきました。
そのせいで未だに、鼻水と目ヤニをよく垂らしています。

性格はマイペース。
体重は5.5キロで、メタボ気味。
ご飯に執着するタイプではないのですが、頻繁に食べています。
好きなものは、頭突きと抱っこと虫と鳥。
カラスを追いかけて、玄関から飛び出ようとした際、ドアに挟まれた経験あり。

ちなみに、しっぽは10センチのかぎしっぽです。

さ~て、次はベーコン。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。